わずかな冷暖房で快適な暮らし~門目建設~


by masako_fphome
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:高性能住宅の工夫( 6 )

今月の20日(土)・21日(日)は、構造見学会です♪♪
完成した建物とは違って、普段は目にすることのない建物内部を見ていただくチャンスです!

そこで、なかなかお目にかかれない金物達を、予習的にご紹介したいと思います。

羽子板のような形(おもしろい!)をしている金物は、梁と梁をつなげる羽子板ボルトです。
c0178792_2014573.jpg
百聞は一見・・・ということで、図解してみました。
こんなふうに、つなげます。
c0178792_995427.gif
この金物も、地震に強い家を作る大切なパーツになります。

こちらの黒い板状のものは、基礎パッキン。土台と基礎の間に挟みこみます。
基礎の中に、まんべんなく風を通してくれる優れものです。
c0178792_2015586.jpg
わたしが子どもの頃は、基礎のところどころにガラリが開いていて、
抜けた歯を投げ入れたりしたものです。

今ではこの基礎パッキンが主流になりつつあって、あの風習もなくなってしまうのかな・・・?
と、ちょっと寂しかったり・・・(笑)

金物達の実物や、さらに詳しいご説明は、構造見学会にてお確かめください♪♪

なお、見学会はご予約制とさせていただいておりますので、
メール、またはお電話にて、お気軽にお問い合わせ下さいね。

 <メール> fp-kadonome@forest.ocn.ne.jp
 <お電話> 0120-671280

[PR]
by masako_fphome | 2010-11-15 21:48 | 高性能住宅の工夫
ここのところめっきり寒くなり、冬らしい日が続いていますね。
皆様いかがお過ごしでしょうか?

わが家の息子たちは、毎日外遊びに夢中!元気いっぱいです。
大人は・・・蓄熱暖房器のぬくぬくとした温かさがすっかり病みつきになっています~(笑)

蓄熱暖房器とは、北欧で広く使われている暖房器です。
c0178792_20305660.jpg
安い深夜電力を利用して熱を蓄えるため、家計にやさしく、
なんといっても体の芯からあたたまる、やさしい温もりが魅力です。

真冬の朝、キッチンで朝ごはんを作るとき、裸足でも快適!
雪が降った夜、「ただいまー」と玄関を開けると、あったか~い!

この分だと年末年始も、家ライフを満喫してしまいそうです(笑)

↓ 蓄熱暖房器、オール電化について詳しくは、門目建設ホームページをご参照くださいね。
http://www.fp-kadonome.com/

[PR]
by masako_fphome | 2009-12-15 20:27 | 高性能住宅の工夫

建築中のブルーシート

みなさんは、ブルーシートで覆われた、建築中の建物を見かけたことはありますか?
c0178792_13563932.jpg
このように建物をぐるりと覆う目的は 『構造材を雨に濡らさないようにすること!』 なのです。

建て方を終えた段階では、大部分は木材が露出している状態です。
そのままでは、雨が降った場合、木材に雨水が浸透し、劣化を早める原因になってしまいます。

屋根材が葺き終わり、壁面には透水防湿シートが貼られた状態で、
このブルーシートは役目を終えます。
それまでは毎日、作業が終わるとブルーシートでぐるりと覆っています。

木のぬくもりを最大限に活かし、癒しの住まいで健康的に生活するために・・・
そのデリケートな部分をきちんと認識し、工事を進めていくことが重要です。

[PR]
by masako_fphome | 2009-08-28 16:08 | 高性能住宅の工夫
先日、2階床の音対策と題してALCコンクリートパネルをご紹介しましたが、
今回は、音対策その2「天井吊木」の工夫について取り上げてみたいと思います。

「1階の天井って、何で落ちてこないんだろう・・・?」
ふと考えたとき、完成前の構造体を見てみると一目瞭然です。

天井は、“吊木”とよばれる細い木材で、吊り支えられています。

この吊木に、防振性のある強化樹脂製吊木(プラ吊り木)を使用することで、
階下へ伝わる振動を減らすことができます。
c0178792_1417394.jpg
c0178792_14325673.jpg
夏休み中、家の中を駆け回るお子さん達の足音に、頭を悩まされた奥さまにも、
ぜひ見ていただきたい工夫のひとつです!(お気持ちよくわかります・・・(笑))

今週末の29日(土)・30日(日)に開催する構造見学会では、
のちのちの住み心地に大きく影響する「見えないところ」を公開します。
ぜひ、工夫を凝らした“住み心地のいい家”の構造を、見にいらしてくださいね。

[PR]
by masako_fphome | 2009-08-24 14:48 | 高性能住宅の工夫
8月29日(土)・30日(日)に構造見学会を開催する「健康素材とエコスタイルの家」
現場レポートです。

2階の床に、ALCコンクリートパネルを敷き詰める工事が終わりました。
c0178792_15272228.jpg
目に見えないだけに、住んでみないと実感しにくいのが音の問題です。
ALCコンクリートパネルを敷くことで、ドスン!と響く不快な音(重量床衝撃音)を軽減できます。

横から見ると・・・
c0178792_1644189.jpg
このように、音対策だけでなく、しっかりと頑丈な床構造になっています。

見学会は、夏休み明けの週末です!
完成してからではわからない、高性能な住まいの仕組みや工夫を、ぜひご確認くださいね。

[PR]
by masako_fphome | 2009-08-10 16:09 | 高性能住宅の工夫
「タウンライフを愉しむ自然素材の家」の玄関には、温度計が設置されています。
というのも・・・
c0178792_15575975.jpg
FPの家に住み始めて最初の1~2年、玄関ドア一枚を隔てた向こう側の寒さが想像つきにくく、
うっかり薄着で外出してしまうなどして、体調を崩される方が多くいらっしゃいました。

そこで、社長のアイデアで、こちらの温度計を全棟に設置しようということになりました。
これがあれば、室内と外の温度差が一目瞭然です(嬉)

きけば、北欧でも室内と外気の温度差が激しいため、
窓の外側に、室内から見えるような温度計が設置されているお住まいが多いそうです。

こちらのお住まいは、10月25日(土)・26日(日)の完成見学会にてご覧いただけます。
ぜひ外気の影響を受けにくい“温度のバリアフリー”を、体感しにいらして下さいね。

[PR]
by masako_fphome | 2008-10-22 16:23 | 高性能住宅の工夫